中別府整体院のお知らせ

熊本の中別府整体院のお知らせ・予定など。
休業予定はカテゴリから選んでご覧ください。
スランプという言葉のわな
スポーツ選手には、「スランプ」という便利な言葉があります。
調子が悪い時には、「今、スランプだから」・・・よく聞く言葉ですね。

では、スランプって何なんですか?
調子が悪い原因が「スランプ」なんでしょうか。

いいえ、この言葉の意味は「今、調子悪い」という事を英語に言い換えただけですよね。 slump 英語での直訳なら、単に「どん底」落ち込んでいるという意味です。

つまり、スポーツに限ってスランプという英語を使うだけで、単に「体の調子が「悪い」「いつもと違う」という事を言っているい過ぎませんね。

あえて言うなら、自分でもよく分からない不調の解決方法が見いだせない事をスランプと言っている方が多いのですが、実はほとんどの場合は解決策はあっても気づいていないだけです。

では調子の悪い原因は?

どんなスポーツでも、上手になりたければ、一生懸命練習するものです。
練習すればするほど、上手になるはずと信じて頑張り続けます。
頑張っている姿は、見ている人が感動するほどですね。

ただ、同時に練習すればするほど「疲れている」のは当然です。
しかし、疲れなんて「寝れば取れる」「休息すれば取れる」と思っている方が大半です。

実は激しいスポーツを継続している方の体は、単に疲れているのではなく、「筋肉はパンパンに張り・さらにコリ」「疲労状態でパワー・瞬発力が低下」
このような状態になっている方が、非常に多いのです。

しかし、これは自分自身の「体の感覚」としては、あまり悪い状態には感じていません。
筋肉が張ってしまっている事さえ、「鍛えたから、こんなに硬くなった」と喜んでいる方さえいます。

筋肉の最も良い状態とは、力を入れていないときには、非常に柔らかい状態で、力で入れると、パンとものすごい硬さになる状態です。
その柔らかい状態から、ものすごい硬さへの大きな状態の差が、パワーや瞬発力を生むのです。
プロのスポーツ選手の多くが、この様な筋肉を保つ努力をしいます。

しかし、アマチュアスポーツマンのほとんどが、全く力を入れていない状態でも結構硬いのです。つまり張っているのです。
これでは、ある程度硬い状態から、力を入れるともう少し硬い状態になるだけなので、パワーや瞬発力はあまり生み出されません。

また、常に硬さがあるのは柔軟性がないという事なので、怪我もしやすくなります。

さて、スランプという言葉に戻りますが、

結局、スポーツの練習によって蓄積された、筋肉の張りや、疲労で、思うように動かなくなっている事に気づかないで、使い続けている事で、
頭で思ったように体が動かない事がスランプと呼ばれる状態になる事が多いのです。

実際に、整体で全身の疲労ど筋肉の張りを取り除いた後は、驚くほど体が動くようになったと言う方がほとんどです。

いかに、疲労した筋肉張りっぱなしの体に慣れてしまっていたか、それを放置していたかという事です。

スポーツ整体で定期的に来院している方は、体を柔軟に保てて練習を頑張れるのです。
| 中別府整体院 | スポーツ | 08:50 | comments(0) | - |










follow me !
更新されるとTwitterに流れます
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ カテゴリ
+ このカテゴリの新着
+ 過去の記事