中別府整体院ブログ

熊本の中別府整体院のお知らせ・日記・予定。
休業予定はカテゴリから選んでご覧ください。
スポーツで調子が悪くなる原因

スポーツで調子が悪くなる原因の一つに疲労の蓄積があります。
しかし、スポーツ選手にとってこれはジレンマです。

スポーツを上達しようと思えば、辛さに耐えて練習しなければなりません。
例え本人が辛いと感じなくても、練習すればするほど、
上達すると同時に、疲労も蓄積するのは当然の事だからです。

ただ、一般的には疲労は「寝れば取れる」「休めば取れる」と考えられています。

しかし、それで本当に取れてしまうのならば、
筋肉の張り・肩こり・腰痛など、疲労が原因となる体の不調の多くは出ないはずなのです。
よく言う「スランプ」というのも、単に疲労の蓄積によって体の各部分が思ったように動いていないために起こる事が多いのです。

ある程度以上疲れが蓄積すると、ただ寝たり休んだりするだけでは、疲れが取れなくなってしまいます。

詳しい事を書くと、長くなるので極々簡単に書きますが、
「疲れを回復させる機能」まで、
うまく働かなくなる程疲れがたまってしまい悪循環に陥っているのです。

この場合は、自力で回復させるには、やはり一時的にスポーツなど負荷のかかる運動は完全に休んで、
ウォーキングなどの有酸素運動のみにしなければなりません。

しかし、練習も試合も休めないのがスポーツ選手ですから、悪循環からなかなか抜けきれない人が少なくありません。

そんな時に、整体は役立ちます。
ただ、スポーツ整体の項目で書いている様に、疲れがたまった時だけ来院されるのはスポーツ整体に当てはまりません。
「ベストコンディション」を保つために、上記の様な悪循環に陥るのを防ぐために、症状を感じていなくても、定期的に受けるのが本当のスポーツ整体です。

| 中別府整体院 | スポーツ | 10:51 | comments(0) | - |
スポーツで体を痛める原因

スポーツで体を痛める原因の一つに「筋肉の張り」があります。
硬く張った筋肉は、柔軟性がなくなり、
スポーツの動きで力がかかった時に、
腱や関節に通常より大きな力がかかります。

例えば、
ふくらはぎでは、足を激しく着いた時の衝撃を
ふくらはぎ全体の柔軟性で受け止めています。
しかし、ふくらはぎが張っていると柔軟性はなくなり、
足を着いた時の衝撃は、その両端、つまり、
膝の付け根やアキレス腱に大きな力が加わってしまうのです。
最悪の場合、アキレス腱断裂などの原因となります。

瞬間的にでも、無理な力がかかる様な状態を放置する事は
非常に危険な事なのです。

ただ、この筋肉の張りには、
自分では、気づいていない人が非常に多いです。

筋肉の張りは、昨日今日張ってくる事ももちろんありますが、
日々、徐々に張りが強くなる様な変化には、
自覚症状としては、痛みなどが出てくるまでは、気づきにくいからです。

また、中には筋肉は鍛えると硬くなるものと思って、喜んでいる方もいたりします。
確かに、力を入れた時には硬くなって良いのですが、
力を抜いている時も硬いのは、決して良い状態ではありません。

力を入れた時に、柔らかい状態から、硬い状態になるまでの差が大きい程、
筋肉のパワーや瞬発力は生まれるからです。

スポーツ選手は、何の自覚症状がない時でも、
体のメンテナンスは欠かさない事が大切です。

当院にはプロスポーツ選手も来院されますが、
一般人よりも、日頃のメンテナンスがしっかりしているので、
筋肉は太くても、とても柔軟性のある柔らかい筋肉を保っている方がほとんどです。

自分でできる日頃からのストレッチなども必要ですが、
どうしても自分で取り切れない筋肉の張りは、整体へどうぞ。

| 中別府整体院 | スポーツ | 09:06 | comments(0) | - |
スポーツ整体への理解が浸透してきました

私が整体院を始めた頃は、
整体院というと、

「年寄りが行くものと思っていた」
「体が悪い時だけに治しに行くもの」
「骨がずれている人が行くもの」
「プロスポーツ選手など特別な人が行くもの」

等という人が多かったものです。

スポーツ選手が整体を受けるなんていう事は、
プロなど特別な人だけがやる事と思われていて、
そう浸透していませんでした。

しかし、近頃は、特に体に気になる症状がなくても
「まわりが結構、整体を受けに行っている」
という理由で来られる方も多くなってきました。
良い事です。

スポーツ整体では、中学生・高校生など学生が
部活の疲労回復に来られる方が最も多いです。

休みなく練習を続ける子供たちの蓄積した疲労への、
親御さんたちの理解度も高くなって、
子供たちの体を気遣って連れてこられるからです。

逆に社会人は、
仕事の忙しさや、スポーツと言っても週に一回位しかやらないからと考えて、
よほど辛い症状の時にしか来られない場合が少なくありません。

しかし、スポーツ整体の本当の目的は、
「悪くなってから治しに来る」のではなく、
「ベストコンディション」を保つ事です。

本当は、スポーツをしているしていないに関わらず、定期的に整体を受けて、
日常生活もベストコンディションを保つのが一番です。

 

| 中別府整体院 | スポーツ | 23:42 | comments(0) | - |
マラソンを始められた方?
昨日、この様な質問が入っていましたが、メルアドが誤っているために返信できないのですが、内容的には、他にも当てはまる方も知っておかれた方が良いことなので、ブログに書いておきたいと思います。

●質問内容
> 初めまして。
> 私は、今フルマラソン出場を目の前にしています。
> 最近、ジョギング中に足が重くなり5キロほどしか走れません。
> マッサージに行ってもすっきりしません。スポーツ整体などで
> フルマラソンを完走できる身体に改善しますでしょうか?

この質問を読んで、すぐに思ったのが、

▼まず、全くのマラソン初心者だとしたら

「この人は、今までフルマラソンの距離を練習で走った事があるのだろうか?」
どちらにしても、初心者で5キロで足が重くなるようだったら、完走は難しいでしょう。
5キロという距離はジョギングとしても、普通の健康ジョギングとしての距離です。

全くの初心者で今までウォーキングも何もしていない人の場合、まず42.195キロとまでは言いませんが、少なくともウォーキングで10km〜20km歩ききる練習から始めるのが一番近道です。

歩くことも出来ない人が、走ること等できないからです。
逆に歩ける人なら、スピードを上げていくだけで良いのですから。

次に基本なスロージョギング→ジョギングと体が慣れてきたらスピードを上げていく。

体を徐々に慣らすことなく、最初からスピードを上げて走ると、疲労の蓄積が大きくなり、なかな長い距離を走れる体になりません。

練習では、一度もその距離を走ったことがなく、短い距離の練習のみで、本番ではじめてフルマラソンを走るマラソン初心者がけっこういるのですが、体を痛める原因ともなります。

▼次に、ベテラン?だとしたら

5キロは走れるが、状態として重くなるというだけで、痛みなど他の症状がないとしたら・・・メンテナンス不足でかなり疲労が蓄積している状態だと思うので、5キロで疲れてしまう程消耗している状態では、無理してフルマラソンを走るのは非常に危険とも言えます。
例え整体を受けたとしても、疲労状態が回復するまでは、回数と時間はある程度かかります。
正直、完走は難しい状態だと思いますが、ベテランだからこそ、無理して完走しようとする可能性もあるので、危険といえます。

昨今は、マラソンブームで、今まで全くウォーキングもジョギングもやっていない人でも、いきなりマラソンを始められる方が多くなりました。

しかし、実際のところマラソンはかなり過酷なスポーツですから、正しいトレーニングの知識をもって無理せずやらないと、健康のためにやったつもりが逆に体を消耗させたり悪くする事もあります。

はじめから「走れる人のマネ」は良くありません。

正しいマラソンの始め方については、けっこう本が出ていますので、初心者の方は一度は読まれた方がよいでしょう。

マラソン入門

▼最後に、スポーツ整体について
「スポーツ整体」を受ける場合には、コンディションを整えるために、定期的に受ける事が大事であって、悪い状態になってしまってから、その時だけどうにかならないかと受けるのでは、スポーツをする人として自信の体のメンテナンスが出来ているとは言えません。
自分ではメンテナンス出来ているつもりでも、出来ていない場合にスポーツ疲労・障害は起こります。

練習で疲労をためて、大会・試合などがある直前に初めて来られる方も多いのですが、整体後の調整も必要なので、マラソンの場合、遅くとも1週間前まで、他のスポーツでも3日前までには、来られる事をお奨めします。

詳しい事は、このブログのスポーツのカテゴリのそれぞれの記事をお読みください。

| 中別府整体院 | スポーツ | 13:13 | comments(0) | - |
スポーツ整体が初めての方
スポーツの秋ですね。
 
スポーツ整体に、全くの初めて来られる方に多いのが、
「明日試合があるが、○○が痛いので整体を受けようと思った」
など、せっぱ詰まった状態、明日本番という時に来院されるケース。

もちろん、その状態に合わせて施術はしますので、構わないのですが、
整体の効果を十分に得るには、初めての方は、少なくとも試合の3日前の来院が理想です。

整体施術を受けると、全身の状態は好転に向かいます。
と同時に、張っていた筋肉はゆるみ、疲労も回復していきます。

ただ、スポーツの場合、微妙な体のコントロールを要求される事も多々あります。

試合前日に筋肉バランスが変わってしまうと違和感がある事もありますので、
3日くらいかけて慣らした方が良いのです。

3日前に受けておいて、前日にも受けるのは変化が少ないので構いません。

かなり疲れが蓄積している場合等は、
試合の7日前→3日前→1日前、と複数回受けるのがベストです。

| 中別府整体院 | スポーツ | 06:25 | comments(0) | - |
スポーツ整体について
スポーツ整体

当院のQ&Aで、料金表に書いてある「スポーツ整体とは普通の整体とどう違うのか?」は、
回答としては「料金表の種別」の回答として書いていますので、「スポーツのために受けるという《目的》の違いであって、その状態に合わせて施術しています」という事を書いています。

しかし、スポーツ整体とは「受け方」に大きな違いがあります。

スポーツ整体を当院ではこの様に定義します。
「スポーツをするためにベストなコンディションを保つために定期的に受けるもの。」

もしも、わざわざ調子が悪くなるまで使い込んだり、がまんして、疲れ切った体を整体で回復させようとしに来院されるのであれば、
スポーツ選手としての最善の力は発揮できないばかりか、場合によっては回復に時間がかかって、せっかくの練習が無駄になってしまう結果になる場合さえあります。

どこかが痛くなったり調子が悪くて、それを改善するために来院されるのであれば、
原因が「スポーツによるもの」という事かもしれませんが、普通に整体を受けているにすぎません。。

もちろん「全く初めての方」は、スポーツ整体を、どの様に受けるべきなのかは分からない場合もあり、悪い所をなおしに来られるのが普通です。
それは全く構わないのですが、「スポーツ整体」が理解できた方は、是非、定期的に体を整えて頂きたいと思います(^^)

こちらもご覧ください。

スポーツ整体の必要性
http://www.nakabeppu.com/info/sports/
| 中別府整体院 | スポーツ | 20:03 | comments(0) | - |
スランプという言葉のわな
スポーツ選手には、「スランプ」という便利な言葉があります。
調子が悪い時には、「今、スランプだから」・・・よく聞く言葉ですね。

では、スランプって何なんですか?
調子が悪い原因が「スランプ」なんでしょうか。

いいえ、この言葉の意味は「今、調子悪い」という事を英語に言い換えただけですよね。 slump 英語での直訳なら、単に「どん底」落ち込んでいるという意味です。

つまり、スポーツに限ってスランプという英語を使うだけで、単に「体の調子が「悪い」「いつもと違う」という事を言っているい過ぎませんね。

あえて言うなら、自分でもよく分からない不調の解決方法が見いだせない事をスランプと言っている方が多いのですが、実はほとんどの場合は解決策はあっても気づいていないだけです。

では調子の悪い原因は?

どんなスポーツでも、上手になりたければ、一生懸命練習するものです。
練習すればするほど、上手になるはずと信じて頑張り続けます。
頑張っている姿は、見ている人が感動するほどですね。

ただ、同時に練習すればするほど「疲れている」のは当然です。
しかし、疲れなんて「寝れば取れる」「休息すれば取れる」と思っている方が大半です。

実は激しいスポーツを継続している方の体は、単に疲れているのではなく、「筋肉はパンパンに張り・さらにコリ」「疲労状態でパワー・瞬発力が低下」
このような状態になっている方が、非常に多いのです。

しかし、これは自分自身の「体の感覚」としては、あまり悪い状態には感じていません。
筋肉が張ってしまっている事さえ、「鍛えたから、こんなに硬くなった」と喜んでいる方さえいます。

筋肉の最も良い状態とは、力を入れていないときには、非常に柔らかい状態で、力で入れると、パンとものすごい硬さになる状態です。
その柔らかい状態から、ものすごい硬さへの大きな状態の差が、パワーや瞬発力を生むのです。
プロのスポーツ選手の多くが、この様な筋肉を保つ努力をしいます。

しかし、アマチュアスポーツマンのほとんどが、全く力を入れていない状態でも結構硬いのです。つまり張っているのです。
これでは、ある程度硬い状態から、力を入れるともう少し硬い状態になるだけなので、パワーや瞬発力はあまり生み出されません。

また、常に硬さがあるのは柔軟性がないという事なので、怪我もしやすくなります。

さて、スランプという言葉に戻りますが、

結局、スポーツの練習によって蓄積された、筋肉の張りや、疲労で、思うように動かなくなっている事に気づかないで、使い続けている事で、
頭で思ったように体が動かない事がスランプと呼ばれる状態になる事が多いのです。

実際に、整体で全身の疲労ど筋肉の張りを取り除いた後は、驚くほど体が動くようになったと言う方がほとんどです。

いかに、疲労した筋肉張りっぱなしの体に慣れてしまっていたか、それを放置していたかという事です。

スポーツ整体で定期的に来院している方は、体を柔軟に保てて練習を頑張れるのです。
| 中別府整体院 | スポーツ | 08:50 | comments(0) | - |
スポーツ整体(2) 野球
野球で来院される方は、ほとんど肩や肘を痛めて来られますね。

特にピッチャーは球を投げる事に集中してしまうために、コントロールや球速に気を使えば使うほど、本人が意識していなくても肩や腕が力が入って、筋肉バランスが崩れてしまいます。

理想的な投球フォームは、全身の筋肉をバランス良く連携させた全身運動で、球に体重を乗せる事ができれば、腕や肩に力を入れ過ぎる事なくコントロールでき、球速も増します。

先日、来院されて3回の来院で肘の痛みがなくなったピッチャーも、
当院へ来院前は、数ヶ月間色々とやってみた様ですが、肩・肘への集中療法が主だった様で、成果が上がらず試合への出場は控えていたそうです。

当院で、肩・肘はもちろんの事、全身のバランスを整え、筋肉の張りや疲労を回復させた所、2回の来院でわずかな痛みが残る程度になり、3回目の来院後、練習時の痛みはなくなったので試合に出て、問題なく投げる事ができたそうです。
通院期間は1週間の間に3回の通院でした。
(その又1週間後試合に出た後、その疲れを取りに来られた時に聞いた経過です。)

年齢・状態によって個人差がありますが、ほとんどの方が、これとほぼ同じような経過をたどっています。
| 中別府整体院 | スポーツ | 08:25 | comments(0) | - |
スポーツ整体(1)
近頃はスポーツ整体で来院される方がかなり多くなってきました。

スポーツではトレーニングについては、皆さんかなりしっかりとメニュー考えてなさっている様です。
しかし、かなりレベルの高いチームに所属している優秀な選手でも、意外に疲労回復、メンテナンスについては知識が乏しく、ほとんど何もやっていない方さえいるのが現状です。

来院なさる方は、最初はどこかを痛めて来られるのですが、通院するうちにメンテナンスの重要性が理解できて来て、痛めている所がなくとも定期的に通院される方が多くなってきました。

きちんとメンテナンスをしている選手とそうでない選手はどこが違うかは、歴然としています。
メンテナンスなしで練習に明け暮れた選手は、疲れ切った体で試合に出てくるのに対して、メンテナンスしている選手はリフレッシュした疲れのない体なのです。
同じくらいの実力であれば、パワー・瞬発力・集中力が勝るのは当然と言えます。
| 中別府整体院 | スポーツ | 16:26 | comments(0) | - |
スポーツによる障害
スポーツで体を痛めて来院なさる方は少なくありません。
HPにもスポーツについての事は書いていますが、結構スポーツに関して、間違った認識をもっている方が少なくないようです。

中高生の部活動に言える事
「辛くても・多少調子の悪い所があっても、がんばって練習すれば上手になる。レギュラーになれる」
社会人に言えること
「運動不足なのでスポーツをすべきだ。スポーツは体に良い。スポーツをする事は体にプラス」

察しの良い方はお分かりだと思いますが、適度にやる事は構わなくても・・・「過ぎたるは及ばざるがごとし」という事ですね。

中高生は、ほとんど休みなしに毎日練習に明け暮れます。そのため、体全体に疲労が蓄積し、傷害を起こしてしまう事は非常に多いのですが、我慢してそのまま続けたり、放っておくと一生治ることのない傷害を負いかねません。

又、社会人については、スポーツの量はたいしたことはなく大抵週1回くらいしかやっていません。
しかし、逆に言えば「週6日使っていない」筋肉を数時間だけ激しい使い方をするというのは・・・どうでしょう。
特定のスポーツをしていれば、負担がかかる所は同じ所ばかりですから、その部分に傷害が出てしまいます。
ただ、困ったことにその特定のスポーツをしている人たちには多く同じ症状が出るため、「このスポーツにはつきものなのだ」と思ってしまう方も多いことです。
障害を障害として受け止めていない事は非常に危険です。

このような、スポーツ障害も、定期的に整体を受ける事で極力防げます。 痛くなってから、悪くなってからでは、スポーツをやりながら回復させる事には困難が伴います。

良好な状態でずっとスポーツをやって行きたい方は是非定期的に整体を受けて下さい。
| 中別府整体院 | スポーツ | 23:41 | - | - |

follow me !
更新されるとTwitterに流れます
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ カテゴリ
+ このカテゴリの新着
+ 過去の記事